American Craft誌 JUNE/JULY 1982より

1/2

 背中のカット・ラインは私、館長がデザイン(?)いたしました。

 

 

 

 

 

 

Bamboo and rattan hat produced in collaboration with Issey Miyake for the designer's 1982 spring co11ection. 

Top: a Rattan and bamboo bodice produced in collaboration with Issey Miyake. The rattan, which is split, colored and polished, has been curved to follow the lines of the body; bamboo has been woven in to hold the curve in place and prevent the rattan from separating.


館長訳文
小菅 小竹堂
竹の息吹

国際的に有名なファッションデザイナーの三宅一生氏の1982年の春のコレクションのドラマチックなハイライトは、籐と竹による胴着で、それは侍の裃をイメージしたもので東京の郊外の葉山に住む日本の竹工芸家 小菅小竹堂の作品です。 インタビューで、62歳の彼の人生と仕事について触れます。

の父は天才でした。ある日、父は中国製の竹の花篭を見て、それをお手本にして同じものを作り上げました。
その時から竹工芸の技術を独学で身につけ、19歳の時に工芸学校の先生になりました。
私は、7歳の時から父のもとで竹を学びはじめ、15歳の時に、東京府工芸展に入選しましたが、その時は、竹工芸を私の生涯の仕事にすることとは考えてもいませんでした。
私はとても高校に行きたかったけれども、家にはお金もなかったので、海軍兵学校に行くことにしました。パイロットとして訓練された後に太平洋戦争に参戦しましたが、事故により聴覚をほとんど失いました。私にできる唯一の職業は、竹工芸でした。
私が子供の頃会得した技術は容易に戻りました。退職手当で暮らしている間に、私は、私自身の技術を勉強し、身につけるのに3年を費やしました。私が28歳の時に、新潟県の県展に選ばれました。

音楽やバレエ - 特に踊りを私はまさに楽しみのために私自身で振り付けをします - 茶の湯とグラフィック・デザインの美学が、私に興味をもたせ、私の仕事に影響したすべての物です。アーティストとして、私は必ずしもあまり固定したものではない以下の方針を決めました。

- 普通の努力によって、普通の結果を達成できるだけです。
- 人は決して基本的な技術を無視することはできません。
- 自分自身の仕事ほど容易なことはありません。私は、自分よりずっと難しいような他の仕事を尊重しないではいられません。
- いずれにしろ、美のすべての対象である自然の中の形に以外に真実の独創力のようなものはありません。

東洋の伝統的な竹工芸は花篭に限られていたけれども、私は、自分の仕事をこの分野に制限しないで、盛皿、飾り皿、間仕切り家具または屏風、および他のアクセサリなど別の対象に挑んでみました。これらの作品はすべて「静止」した対象でした。 三宅一生さんとの私の共同作品では、私は初めて衣装の制作によって動きのあるアートを探究することができました。私は、人間の身体を表現することに新たな挑戦をしました。

将来の仕事については、布地、革、竹、および籐を使い、動きの発展、および求心力による調和への到達などを探求したいと考えています。私はたくさんのアイデアとビジョンを持っています。しかし、それを実際に作成する際には、既存の技術および与えられた環境から始める必要があります。若い工芸家たちへの私のアドバイスは、常に自分自身に繰り返す何かです。それは、基本的な技術を120パーセント鍛錬されることが最も重要です。もし工芸家が基本的な技術を欠くならば、できあがった製品は、まさに出来上がった時の印象をで終わり、見た人の心からは離れ去っていきます。多くのエネルギーを費やした作品のみが人々の心を引き付けます。


原文

Kosuge Shochikudo
THE LANGUAGE OF
BAMBOO

The dramatic high point of the 1982 spring collection of the internationally - known fashion designer Issey Miyake was a rattan and bamboo bodice - a contemporary rendering of light Samurai armor - made by Kosuge Shochikudo, a Japanese bamboo artist from Hayama, on the outskirts of Tokyo. In an interview the 62-Year-old Shochikudo reflected on his life and work.

My father was a genius. One day he saw a bamboo flower basket from China and, using it as a model, he creates as a similar one. From that moment he proceeded to teach himself the art of bamboo craft. At the age of 19, he became a teacher at a craft school.
     I watched my father at work from the time I was a baby and started making things with bamboo when I was seven. At 15, I was awarded a prize for my work in a crafts exhibit in Tokyo. At the time, however, it did not cross my mind to make
bamboo craft my lifetime profession.
     I wanted very much to go to high school, but we did not have the money and I ended up going to the Navy Academy. As a young man, I was trained as a pilot, but then lost may hearing as a result of an accident. The only profession open to me was the bamboo craft. The skills I had leaned as a child came back easily. Living on severance pay, I spent three years studying and developing my own technique. When I was 28, my work was chosen to be exhibited in a government exhibit
    Music, ballet-especially dances that I have choreographed myself just for the fun of it - the aesthetics of the tea ceremony and graphic design are all things that interest me and have influenced my work. As an artist, I have developed the following principles which are not necessarily very rigid.

-With ordinary efforts one can only achieve ordinary results.
-One can never leave basic technique behind.
-There is nothing as easy as one's own work. I cannot but respect the work of
others which seems so much more difficult than mine.
-There is no such thing as true originality, since all objects of beauty are, in
one way or another, a form of nature.

     In the Orient conventional bamboo craft has been limited to flower baskets, but I have not been content to confine my work in this way and have ventured out to create receptacles such as serving dishes, decorative plates, room dividers or screens, and other accessories. These creations have all been ''still" objects.
   In my collaborative work with Issey Miyake I have for the first time been able to explore the art of movement through the making of costumes. I found it a particular challenge to create a receptacle for the human body.

   As for my future work, I would like to use cloth, leather, bamboo and rattan to further explorer the evolution of movement and the reaching of harmony through the use of centrifuga1 force. I have many ideas and visions. But when it comes to actually creating, one has to start from existing skills and a given environment.
   My advice to young craftsmen is something I constantly repeat to myself. It is most important to be trained 120 percent in basic skills. If the craftsman lacks basic technique, the end product gives the impression of just barely being finished and turns away the souls of the viewers. Only those pieces of art that abound in surplus energy attract people's hearts.