Cafe au lait

使用器材 CameraLEICA M6 Titanium + SUMMILUX-M 1:1.4/35mm FilmKodak DYNA EX ASA100


  パリの日曜は10時から11時半までのノートルダム寺院でのミサにあずかった後、寺院の裏手に回りシテ島からサンルイ島に渡り、 アイスクリームを食べながらサンジェルマンデュプレ界隈まで散歩するのを常としています。


アイスクリーム屋、Berthillonです。( 撮影:NIKON COOLPIX 990

  ヨーロッパ滞在の折りに必ず食べるものの一つにノルウェー産のスモーク・サーモンがあります、写真の左の皿の上にあるのがそれで、 美味しい物は透明に近く、トロに近い味がします。
  サンジェルマンデュプレでは、ここAux Deux Magotsか、その隣のCafe de Floreの外のテラスの椅子に座りコーヒー一杯で数時間ぼんやり過す のを楽しみにしています。  もっとも、仕事の事を考えているといろいろな アイデアが浮かび、慌ててテーブル・ナプキンをたくさん貰いメモする始末でした。

  カフェオレは写真に示すように、高級な喫茶店ではミルクとコーヒーをポットに別々にして出されますが、二つのポットを両手に 持って同時にカップに注ぐのが正式のやり方のようです。
  なお、ここでの値段はコーヒー28F(約560円)、スモーク・サーモン145F(約2900円)ですが、その価値はあります。 安く食したい時は、Fauchonの地下か、デパートGallery La Fayetteのグルメ館でどうぞ。

  パリ滞在中の朝食はホテルでとらないで、町中のCafeでサンドイッチ・ジャンボンとカフェ・オレにしています。  夕食は、大好物のFruits de Mer (海の果物?)を!

Le Fouquet'sでの朝食

Le Congresでの夕食

( 撮影:NIKON COOLPIX 990
食事のマナー、メニューについては「パリのレストラン」を御覧になってください。
 


ロンドン 
Fortnum & MasonSt James's Restaurant
( 撮影:Leica M6

 ついでに、ロンドン滞在中は、Fortnum & MasonSt James's Restaurantで生の弦楽四重奏やピアノを聴きながら、アフタヌーン・ティーを楽しまれることをおすすめします。
ここでは、
クリーム・ティー (ミルクティーとホイップした生クリームとジャムやマーマレードを添えたスコーンのセット)しか食したことがありませんが、極めて美味です。